【リネージュ2M】サーバーの選び方まとめ

どのゲームサーバーを選ぶべきか解説します。

サーバーとは

『リネージュ2M』においてサーバーとはゲーム世界のことを指します。

基本的には同じサーバーのプレイヤーとだけ遊ぶことになるので、よく考えてサーバーを選びましょう。

サーバー

2021年2月25日現在の日本版『リネージュ2M』のサーバーは以下のとおりです。

バーツ01ジグハルト01カイン01
バーツ02ジグハルト02カイン02
バーツ03ジグハルト03カイン03
バーツ04ジグハルト04カイン04

サーバーの選び方

サーバー選びのポイントを解説します。

①友達のいるサーバー

MMORPGは仲間と一緒に遊ぶことでより一層楽しくなるゲームです。

友達が『リネージュ2M』をプレイするならばぜひ一緒のサーバーで遊んでください。

サーバーが違うと一緒に遊ぶことができません。

②インフルエンサーのいるサーバー

Youtuberなどの有名インフルエンサーがいるサーバーは確実に盛り上がります。

今の時代だからこそできるオススメの遊び方です。

なおインフルエンサーのファンだけでなくアンチも集まって来るので注意が必要です。

③人の多いサーバー

いわゆる過密鯖です。

MMORPGは人が多ければ多いほど楽しくなります。

様々なコンテンツを大規模に遊べるのでMMO初心者から上級者まであらゆる人にオススメです。

一方でライバルが多いためランキング上位などを目指すのは大変かもしれません。

④人の少ないサーバー

いわゆる過疎鯖です。

人が少ないため当然ながらライバルも少なく、上位を目指しやすいです。

⑤お金もちのいるサーバー

『リネージュ2M』にはゲーム内アイテムを課金石で販売できる「取引所」が存在します。

いわゆる廃課金プレイヤーの多いサーバーは“買い手”が多いため、必然的にアイテムが売りやすくなるはずです。

MMO慣れした人向け

MMOに慣れている方や血盟を創設したい方は以下の事項も意識してサーバーを選びましょう。

他のプレイヤーの動向を注視

サーバー選びで最も重要なのは他のプレイヤーがどのサーバーを選択するのか注視することです。

MMORPGでは他のプレイヤーの行動がゲームに大きく影響するので、どういった人たちと同じサーバーで遊ぶのかを事前に知っておくことが大切です。

とくに影響力のある「他のゲームで有名なグループ」や「Youtuber」「廃課金プレイヤー」といった人たちの動向を注視しましょう。

ワールドサーバーを意識する

韓国版『リネージュ2M』ではローンチから半年ほど経過した頃に《ベオラの遺跡》という10サーバーで共有するコンテンツ「ワールドサーバー(ワールドダンジョン)」が実装されました。

ワールドサーバーにはボスモンスターや効率の良い狩場が存在するため、それらを巡って他のサーバーの血盟と協力・戦争といった様々な駆け引きが行われます。

事前にどのサーバーと「ワールドサーバー」を共有することになるのか、ある程度予想した上でサーバーを選ぶことも視野に入れておきましょう。

ただし韓国版では同じサーバー名の01~10で1つの「ワールドサーバー」を共有しますが、2/25時点で韓国版と日本版でサーバー数に違いがあるため必ずしも同じ仕様になるとは限りませんのでご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメント反映に最大24時間かかる可能性があります。多重投稿にご注意下さい。