『リネージュ2M』2/25オンライン発表会まとめ「3/24サービス開始」「1年後に韓国版に追いつく」

2021年2月25日12:00より行われた『リネージュ2M』オンライン発表会の内容をお伝えします。

まとめ

以下、重要なポイントをまとめました。

配信日は3/24

『リネージュ2M』のリリース日(配信日)は2021年3月24日(水)

※日本版と台湾版の同時リリース

開発は韓国本社

韓国本社の『リネージュ2M』開発室が日本版と台湾版の開発を担当し、各国のサービス運用も韓国版と同じプライオリティ(優先順位)で務めるとのこと。

トリプルプラットフォーム

日本版と台湾版もリリースと同時に「モバイル」「PC」「PURPREによるストリーミングプレイ」の3つのプラットフォームに対応。

6種類の武器と150以上のクラス

ローンチ時点で6種類の武器(片手剣/二刀流/短剣/弓/オーブ/スタッフ)と153種類のクラスが実装される。

インターフェイスの改善

韓国版のリリースから1年以上経過した中でインターフェイスの改善が行われており、これが日本版にもローンチ時点で適用される。

韓国版よりも早いペースでアップデート

韓国版『リネージュ2M』は約400日間のサービスで2つの新地域と3つの攻城戦、4つのワールドダンジョンといった膨大なコンテンツが実装されてきた。

日本版は韓国版と同じ順番でアップデートする予定だが、その進行速度ははるかに早い。

現状の計画では月に1度の大型アップデートを行う。

1年後には韓国版とアップデートが並ぶ予定

1年後には韓国版と同じビルドに一元化することを目指す。

その時が来れば3カ国のプレイヤーが同じアップデートを体験できるようになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメント反映に最大24時間かかる可能性があります。多重投稿にご注意下さい。