【韓国】『リネージュ2M』初の大型アップデート「クロニクルⅠ:象牙の塔の賢者たち」が1/22に実施決定!「オーレン領地」や新ボス「オルフェン」など

2020年1月9日、韓国NCSOFTは『リネージュ2M』(韓国サービス)の初となる大型アップデート「象牙の塔の賢者たち」を2020年1月22日に実装すると告知しました。

大型アップデート「象牙の塔の賢者たち」

この大型アップデートでは新たなエリア「オーレン領地」、新規ダンジョン「象牙の塔」、新規ボスモンスター「オルフェン」、そして新規の武器などが実装されます。

■オーレン領地のムービー

新エリア「オーレン領地」

オーレン領地はエルモア王国との境界線に面している地で強力な軍事力を誇っています。またエルフ、ダークエルフ、象牙の塔などの勢力が集まる領域で独特の色彩を帯びています。

オーレン領地の中心地「オーレン城の村」は領地の中央丘陵の上にあり、頻繁に発生する戦争の影響で高い城壁に囲まれています。

オーレン城の村

またギラン領地とオーレン領地の境界にある草原はオーレン大平原と呼ばれていますが、リザードマンが生息していることから「リザードプレイン」との呼び名も。

リザードプレイン

その他、オーレン領地には「ティマックオークの前哨基地」や「猟師の谷」「フェアリーの谷」「胞子の海」などの狩場が存在します。

ティマックオークの前哨基地
猟師の谷
フェアリーの谷
胞子の海

新規ダンジョン「象牙の塔」

オーレン領地に存在する「象牙の塔」は「クルマの塔」「アンタラスの洞窟」に続く3番目のダンジョン型の狩場となります。

入場時にダンジョンデバフがかかるため、デバフの内容を確認し、徹底して準備をして入場する必要がりそうです。

新規ボス「オルフェン」

新規ボスの「オルフェン」は象牙の塔の北部に位置する「胞子の海」に出現します。

既存のボスを巡るプレイヤー同士の戦いから集められたデータを基に、より高度に設定されているとのことで、オルフェン討伐は苦戦が予想されます。

オルフェンは自身に攻撃を与えている血盟の特定プレイヤーを拘束したり、プレイヤーの死亡時にそのプレイヤーの戦闘力を反映したモンスターを出現させるなど多種多様なギミックが仕込まれています。

さらにオルフェンの破壊可能な部位は2つあり、部位破壊のデバフなどもあるそうです。

新ボス「オルフェン」

その他

ほかにも新規武器などが追加される予定です。

また現在「象牙の塔の賢者たち」アップデートの事前予約が実施されており、すべてのユーザーに「オーレンの秘密箱」「継承者の装備設定」「クロニクル継承者のリング2」「継承者のコイン」などが得られるクーポン券が配布されるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメント反映に最大24時間かかる可能性があります。多重投稿にご注意下さい。